理代表挨拶念

玉置 義議

1969年8月27日生まれ。同志社大学経済学部卒業後、野村證券株式会社、TAX本部、株式会社インターナショナル・トレーディング・コーポレーション(現株式会社ABCマート)を経て、29歳で独立。

学生の皆さん、はじめまして。
株式会社グローバンネットの玉置です。

就職活動はいかがですか?
就職することは人生の入口であって、目的では決してありません。

長い社会人人生の入口です。大切なことは「どこの内定を貰えるか」ではなく、「今自分が何をし、今後どういう人生を送りたいのか?」だと思います。

私自身、就活生の時は「海外でガンガン仕事がしたい」と思い商社しか見ていませんでしたが、ひょんなことから野村証券の面接へ。その時同席していた役員のオーラに感じるものがあり、「こんなすごい人になりたい!」と思い、全く眼中になかった会社へ入社を決意しました。

やりたいことではなく「人」で選んだ会社でしたが、そこでの出会いや経験が、今の自分を作ったと思っています。皆さんも、「ここで働いて良かった」と思える会社に出会って頂きたいと思います。

当社は現在、「2020年に売上60億」という計画を立てています。2020年と言えば、東京オリンピック開催の年。前後で景気も社会情勢もめまぐるしく変わっていくでしょう。社会の変化を敏感に察知し、世の中のニーズをキャッチしていくことが今以上に求められていきます。
「企業として、人として社会に求められている事は何か」。
常に問い続け、常に最前線で活躍し、常に社会に貢献し続ける企業でありたい。
そのために事業を拡大し、「人財」を揃え、勝負出来る力をつけたい。そう思っています。

スタッフには「社会の役に立つ人財になってほしい」と言っています。仕事の考え方はもちろん、「人として」の部分はしつこく言います。経済の話もします。辛い時、苦しい時に「そういえば社長あんなこと言ってたな」と思い出してもらえるよう、一瞬一瞬を全力で向き合うようにしています。

「グローバンネットでの経験が今の自分を作っている」。そう思ってもらえれば幸せです。
グローバンネットは新人育成に力を入れています。これは自慢ですが、グローバンネットのスタッフは3年目になればどこの企業にいっても十二分に通用できる人財になると思っています。成長したスタッフが、会社を成長させてくれる。このループが幾重にも重なり、将来のグローバンネットを作っていくと思っています。

グローバンネットの一員となってくれるあなたを、お待ちしています。

 

 

理念

グローバンネットの理念「社会に価値を提供している」という事実に基づいた経営の実践、それによって、人間力の向上、人生の幸せを追い求める

「やっぱりあの店だよね」と選んで頂ける会社でありたい

「価値」とは、価格・利益のことだけではありません。目に見えない、定まっていないものにこそ、価値+αが生まれます。

例えば、初めて入るカフェで飲み物を頼んだ時。無言のまま出てくるのと、「持ち手が熱くなっておりますのでお気を付け下さい」の一言が添えられて出されるのでは、1杯の満足度が違ってきます。
コーヒーを頼んだ人が「いいね」と感じた瞬間、その一言は「価値」になります。

常に「その一言」=価値の作り手でありたい。
そして、その価値を選び続けて頂ける会社でありたい。
そんな想いで、グローバンネットは日々、次の「いいね」を探しています。

働く上での「幸せ」は、おいしいものを食べた時の「幸せ」とは一味違う

グローバンネットで得られる「幸せ」は、美味しいものを食べた時に感じる「幸せ」とはちょっと違います。
 目標に到達した時、新たな自分の役割を見つけた時、人に感謝された時、誉められた時、後輩の成長を感じた時・・・「やった!」という達成感、高揚感が、「幸せ」であると考えます。

その幸せを得るために、グローバンネットでは「自立した成長」が求められます。
グローバンネットが考える「成長」とは、0から1を創り出す力をつけることです。
そのためには、常に悩み、常に「why?」を追い求めなければなりません。
自分が0から創りだしたものに対して、問題を発見し、解決していく能力を身につけることが「成長」していくことだと考えています。
自らの力で1を創り出した時に感じる「やった!」は、きっと自信になり、人生の財産になります。

成長にゴールはありません。成長した“自分”に、さらに新たな目標が出来ます。この繰り返しが、自己を高めていく力をつけていきます。

「社会に価値を与え、それによって自分を高める。」これがグローバンネットの理念です。
  • エントリーフォーム
  •  受付時間10:00~19:30  定休日:火曜日

TOPへ